東南アジア写真集写真の利用について撮影者にメールを送るRSS

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事:

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コタバルの街



コタ・バルは、タイ国境近くのマレーシアの都市。
マレー半島北東部のクランタン州の州都で、南シナ海・タイランド湾に面する。

コタ・バルとはマレー語で「新しい町」または、「新しい城」を意味する。

マレーシア国内で最もイスラム色が濃く、住民は大多数がマレー系であるが、タイ国境に近いため、タイのテレビ放送も見ることができる。



このコタバルから10キロ程離れたパンタイ・ダサール・サパという地点が、1941年12月8日の日本軍によるマレー半島上陸作戦の舞台となった場所。

マレー作戦(まれーさくせん, Battle of Malaya, 日本側作戦名「E作戦」)は、太平洋戦争の序盤における日本軍のイギリス領マレーおよびシンガポールへの進攻作戦。

1941年12月8日にマレー半島北端に奇襲上陸した日本軍は、イギリス軍と戦闘を交えながら55日間で1,100キロを進撃し、1942年1月31日に半島南端のジョホール・バル市に突入した。

これは世界の戦史上まれに見る快進撃で、作戦は大本営の期待を上回る成功を収め、日本軍の南方作戦は順調なスタートであった。





関連する記事: マレーシア コタバル 国境 イスラム教 マレー作戦

スレッド:マレーシア | ジャンル:海外情報

| コタバル | 17:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tonanasia.blog6.fc2.com/tb.php/27-c2740e1c

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。