東南アジア写真集写真の利用について撮影者にメールを送るRSS

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事:

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワット・スタットテープワララーム



ワット・スタットテープワララームはタイのバンコクにある仏教寺院。
一般にはワット・スタット寺院と呼ばれる。

ラーマ1世が新たに建設されたバンコクに大仏をおこうと考え、1807年に寺院は着工を開始し、同時にスコータイから水路を使ってブロンズ製のシーサーカヤームニー仏を運んだとされている。


  礼拝堂は入り口部分が前に飛び出しているラッタナコ
  ーシン様式。

  礼拝堂の屋根の平には、エーラーワン象(アイラヴァ
  ータ)に乗るインドラがデザインされている。

  この礼拝堂の本尊はシーサーカヤームニー仏といい
  1808年にラーマ1世自らがこの大仏を運ぶ指揮をと
  ったといわれている。


  道中、ラーマ1世は重い病気にかかっていたと伝えら
  れ、本堂に仏陀が設置された後、「設置された。私の
  仕事は終わった。」といい、その数日後に亡くなって
  しまった。


  撮影地:タイ バンコク


関連する記事: ワット・スタット寺院 ラーマ1世 タイ バンコク

スレッド:タイ・バンコク | ジャンル:海外情報

| バンコク | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tonanasia.blog6.fc2.com/tb.php/22-035f7915

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。